クリーンパティションを3台
使用することで、
空気中の細菌ウイルスを除去し、
よりクリーンな環境を整えております。
また、薬品のにおいなどを減らすため、
別に空気清浄機を使用しております。
光干渉断層計(OCT)を使った検査が行えるようになりました。今まで眼底の病変は、網膜の表面の状態のみから診察しなければなりませんでしたが、OCTは表面からでは見えなかった網膜内部の状態が側面から見えるようになるため、病状が把握しやすい画期的な器械です。
[対象疾患:緑内障(視野に異常がでる前の判定にも有効)、黄斑変性、中心性網脈絡膜症、糖尿病網膜症など]
その他視力のみならず、眼底や角膜形状、視野など様々な検査があります。
白内障手術や眼瞼下垂手術などの日帰り手術を行っています。
当院の白内障手術の特徴は
*超音波乳化吸引装置を採用し、手術自体は約10分程度で、
 感染症をおこしにくい経結膜小切開で施術
*挿入するレンズにはほぼ完全な紫外線カットレンズを使用
*乱視を減らすために全例角膜トポグラフィー検査を行い、
 倒乱視症例にはLSLRI(乱視矯正のための簡単な手術)を行ったり、
 トーリック(乱視用)眼内レンズを採用
*術後の度数誤差を減らすため、光学的眼軸長測定器械を導入
*痛みに敏感な患者様には、痛みを感じにくい麻酔等の工夫
*話し合いの上で、患者様のライフスタイルに合ったレンズ度数の設定
3-D Visual Function Trainer という
新しい器械を導入しました。
斜視の精密検査、両眼視の訓練、弱視訓練を
かわいい絵を見ながら行うことができます。
ものがダブって見える症状に対して、
眼位、眼筋機能を検査することが可能です。